[Vol.39]複数のランディングページを作ろう!(1/2)

[Vol.39]複数のランディングページを作ろう!(1/2)のメイン画像

ランディングページは一度作って満足するのではなく、試行錯誤を繰り返して、常に進化させ続ける必要があります。ここでは、具体的にどうやってランディングページを進化させていくのかを紹介します。

ランディングページでこだわる点を整理

ランディングページはどんな点にこだわって作成するべきなのか、特に大切な2点を紹介します。

「ユーザーの目的が達成できるか?」にこだわる

「植木鉢 通販」という検索キーワードでホームページに訪れたユーザーがいたとします。このユーザーに対して絶対に伝えなければならない情報は、「植木鉢を売っています」という情報です。この情報を誰が見ても5秒以内に探せるという点をゴールにWebページを作成してみてください。ユーザーの目的を達成させるということは、ユーザーは何が目的なのかをきちんと整理していることが必須です。[Vol.13]お客さまの目的を整理しよう!を参考にきちんと整理しておいてください。

「買いたくなるか?」にこだわる

業種によっては、購入であったり資料請求であったりとゴールは違いますが、「ユーザーが自社の商品やサービスを購入したいと思うか?」という点にこだわります。具体的には「価格表記」「キャッチコピー」「画像素材」などでユーザーに訴えていきます。自社の強みを洗い出してユーザーに伝わりやすいキャッチコピーを作成します。
ランディングページは「ユーザーの目的が達成できます!」をアピールする。

※次回(2/2)に続く。。。