[Vol.53]アクセス解析をして売り上げを伸ばそう!

[Vol.53]アクセス解析をして売り上げを伸ばそう!のメイン画像

アクセス解析をする理由はWebサイトを改善し、コンバージョンを上げることです。
本節では、アクセス解析からどのようにしてWebサイトの改善ポイントを見つけ出すのかを紹介します。

改善すべき点を洗い出そう

売り上げを伸ばすためには、「どこを改善すべきなのか?」を知る必要があります。
まずは、ユーザーがどのような流れでコンバージョンにいたるのか流れを確認します。

コンバージョンにいたる流れの例

アクセス解析をすることによって、資料請求というゴールに対してどのページでユーザーが離脱しているのかがわかります。
つまり、アクセス解析をすれば、「どこに問題があるのか?」という視点でWebサイトをチェックすることができます。

アクセス解析のデータを見てWebサイトを改善しよう

上の図を見て、最初に1つだけ改善するポイントを見つけます。
もちろん、慣れてきたら複数の個所を同時に改善してもかまいませんが、慣れるまでは1つずつ行っていきましょう。
ここでは「サービス説明」ページから「資料請求申込」ページに5%のユーザーしか進んでいませんので、この点を改善してみましょう。

現在の状況と改善後の目標

「サービス説明」ページから「資料請求申込」ページに進むユーザーを、5%から10%に増やしたい!

考えられる問題点

  • アクセスしているユーザーの目的が自社と合わないのでは?
  • サービス説明のページに魅力がないのでは?
  • 資料請求申込へのリンクがわかりにくいのでは?

具体的な改善案

問題点の中から実際に何を改善するのかを考えます。
「資料請求申込へのリンクがわかりにくいのでは?」という点を改善してみましょう。下記の図をご覧ください。

資料請求へのリンクの位置を変更する図

Webページは通常上から下に読みますので、ページの一番下に「資料請求はこちら」というリンクをわかりやすく追加しました。

最後に、要点を整理しておきましょう。実際には以下の作業の繰り返しです。

アクセス解析をして問題点を洗い出す

  • 改善案を出す
  • 改善をする
  • またアクセス解析をする(改善した結果を見る)