webmaster

このシリーズは、代表の著書「Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本」から、Webサイト制作・運営に役⽴つノウハウをシリーズで紹介しています。

Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本

目指せWebマスター! >>目次ページ

相談できる味方をつくろう!」です。

何でも相談できる人をつくろう

前回の[Vol.6]成功のポイント!社内の体制づくりでは、社内体制について述べましたが、Webプロジェクトが組織できたとしてもWeb制作やITに精通したスタッフがいるとは限りません。そこで何でも相談できる味方がいると心強いです。
Webサイトの構築・運営に限らず、メールやパソコンなどについて詳しい知識を持ち合わせていない場合は何かと不安になります。こんなとき何でも気軽に相談できる人の存在はありがたいものです。

Web制作会社の担当者

Web制作会社に制作を委託する場合、制作会社の担当者と良好な関係を保ち、Webサイト以外のことでも何でも相談できるようにしておくとよいでしょう。
発注元のクライアントと請負側の制作会社は、一見主従関係のように思われがちですが、「目的=ゴール」に向かってよりよいWebサイトを作るという共通目標を持ったパートナーでもあります。ですから、お互いを尊重して協力し合うことで満足度の高い仕事を行うことができます。
その際に、例えばWeb制作業務とは直接関係のないことでも、相手の得意ジャンルであれば相談し、アドバイスしてもらえるような間柄は、パソコンのちょっとした不具合が生じたときなどにもとても頼りになります。

外部の第三者アドバイザー

Web制作会社の担当者以外でも、他に客観的なアドバイスをしてもらえる人がいれば困ったときに相談してみましょう。
このとき、第三者アドバイザーは公平かつ客観的視点からアドバイスできることが重要で、どちらか一方の主張のみによる偏った判断に陥らないことが大切です。
また、第三者アドバイザーに相談する場合でもアドバイスを100%鵜呑みにするのではなく、相手方(この場合はWeb制作会社の担当者)の説明にも耳を傾け理解しようとする姿勢が大切です。この姿勢がないと、第三者アドバイザーに相談したことによって、かえってトラブルになるケースも起こりえます。

ITコーディネータ

企業の経営課題をIT化によって解決するための支援を行う、「ITコーディネータ」(*1)という資格があります。
(*1)ITコーディネータ(ITC):NPO法人ITコーディネータ協会が認定する経済産業省推進資格
ITコーディネータは経営とITの両面に精通し、企業経営に最適なIT投資を支援・推進することができるプロフェッショナルです。

 

目指せWebマスター! >>目次ページ

政令指定都市「横浜市」公式サイト

iPadなど、幅広い閲覧環境に対応

厳しいアクセシビリティ・ユーザビリティ等の基準をクリアするために様々な施策を施しました。コンテンツに最適なUIとなるよう、目的別に探せるインターフェースを中心としたページ構成、Javascriptによる動的な効果を実現し、さらにスマートフォンによるブラウザ閲覧を可能にしました。

Stance制作の考え方

アットライズがすぐにお客様の元に
かけつける理由とは

Flow制作の流れ

最短で「目的=ゴール」に
たどり着くために

Toolsツール

Webサイト制作・運営に役立つ
情報をシリーズで紹介

Contact

どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • ホームページをリニューアルしたい
  • 社内でも簡単に更新したい
  • スマートフォンでも見やすくしたい
  • ホームページからの問い合わせがない
  • 制作費を予算の範囲内で収めたい
  • ホームページのアクセスを増やしたい
  • ドメインの取得もお願いしたい
  • Twitterを効果的に活用したい
  • 動きのあるコンテンツを考えている
  • Facebookの記事を表示させたい
  • システム構築をお願いしたい
  • ホームページで商品を販売したい
  • オリジナルブログを開設したい
  • ホームページで新規顧客を開拓したい

様々なニーズに対応し、お客様に最適な「Webの使い方」をご提案いたします。

無料お見積りをする

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 045-317-5309
FAXでのお問い合わせ 045-320-6575