webmaster

このシリーズは、代表の著書「Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本」から、Webサイト制作・運営に役⽴つノウハウをシリーズで紹介しています。

Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本

目指せWebマスター! >>目次ページ

Webサイト制作のポイント̶企画編


Webサイトは作る内容によって制作費が変わってきます。ですから、まずはWebサイト制作会社に企画書を作成してもらいます。どんなデザインやページ構成になるのか?
どんな狙いで作るのか?Webサイト制作会社の企画力をきちんと見極めましょう。

 

企画—第一段階:ヒアリング

まずはWebサイト制作会社にどんなWebサイトを制作して欲しいのかを伝える必要があります。自社の要望をきちんと伝えてWebサイト制作会社のアドバイスを聞き、 こんなWebサイトが作りたいというイメージを両者で共有できれば、ヒアリングは成功です。
ここで、Chapter 02のvol09~18([Vol.9]同業種、競合他社など、参考サイトをチェックしよう!から読む)で解説した「他社のWebサイトのまとめ」「自社の目的」「お客さまの目的」「ペルソナ」「キーワード戦略」「コンテンツリスト」を作成しておき、Webサイト制作会社との打ち合わせに臨むと、スムーズに完成度の高いWebサイトを制作できます。
これは、Webサイト制作会社を選ぶ上でも重要です。こういった資料を自社で作り、その資料に対して「どのようなコメントをしてくるのか?」「納得のいく説明が受けられるのか?」などが、実際の打ち合わせ時のポイントとなります。

注意するポイント

まったく計画もないままの状態で、Webサイト制作会社と打ち合わせを行うのは止めましょう。複数のWebサイト制作会社に見積もりを依頼する場合も、 ある程度は自社で考えておかないと、どこのWebサイト制作会社がよいのかわからないという結果になり、結局「デザイン」と「料金」だけで選んでしまうことになります。
最低限、「自社の目的」と「気に入った他社のWebサイト」ぐらいは伝えられるようにしておきましょう。

特定のデザイナーを指定できないこともある

 特に大規模なWebサイト制作会社の場合、Webサイト制作会社の実績にあるWebデザインを担当したデザイナーが、必ず自社の制作に携わるとは限りません。
個人同士ではなく、あくまで法人間の発注・依頼になりますので、的確にわかりやすく伝えるということは、この場においても重要です。

企画—第二段階:企画書作成

ヒアリングの内容を基にWebサイト制作会社が企画書を作成します。通常、ここまでは無料というケースが多いようです。この企画書に「この位の予算だと、こういったWebサイトが制作できます。」ということも記載されているはずです。
ここでは、ざっくりといろいろ質問してみましょう。

注意するポイント

企画書で提案された以外にも、必要なコンテンツはないかを確認しましょう。当然、後からコンテンツを追加することもできますが、Webサイトは制作開始以降の仕様変更については困難な部分があります。できるだけ最初に伝えておいたほうが制作費も抑 えることができます。
また、費用対効果のなさそうなコンテンツは、削除してしまうのも戦略の1つです。

Webサイト制作会社の提案力も重要

Webサイト制作会社の提案力もチェックしておきましょう。Webサイトが完成した後のことも含めて、「自社の目的がきちんと達成できるのか?」を話し合うことが大切です。当然ビジネスですので、絶対に成功するというプランはありません。
少なくとも、「成功させるために何か考えているのか?」と「その考えに共感が持てるか?」はチェックしてください。

目指せWebマスター! >>目次ページ

政令指定都市「横浜市」公式サイト

iPadなど、幅広い閲覧環境に対応

厳しいアクセシビリティ・ユーザビリティ等の基準をクリアするために様々な施策を施しました。コンテンツに最適なUIとなるよう、目的別に探せるインターフェースを中心としたページ構成、Javascriptによる動的な効果を実現し、さらにスマートフォンによるブラウザ閲覧を可能にしました。

Stance制作の考え方

アットライズがすぐにお客様の元に
かけつける理由とは

Flow制作の流れ

最短で「目的=ゴール」に
たどり着くために

Toolsツール

Webサイト制作・運営に役立つ
情報をシリーズで紹介

アットライズのオリジナルWebシステム

Contact

どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • ホームページをリニューアルしたい
  • 社内でも簡単に更新したい
  • スマートフォンでも見やすくしたい
  • ホームページからの問い合わせがない
  • 制作費を予算の範囲内で収めたい
  • ホームページのアクセスを増やしたい
  • ドメインの取得もお願いしたい
  • Twitterを効果的に活用したい
  • 動きのあるコンテンツを考えている
  • Facebookの記事を表示させたい
  • システム構築をお願いしたい
  • ホームページで商品を販売したい
  • オリジナルブログを開設したい
  • ホームページで新規顧客を開拓したい

様々なニーズに対応し、お客様に最適な「Webの使い方」をご提案いたします。

無料お見積りをする

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 045-317-5309
FAXでのお問い合わせ 045-320-6575