webmaster

このシリーズは、代表の著書「Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本」から、Webサイト制作・運営に役⽴つノウハウをシリーズで紹介しています。

Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本

目指せWebマスター! >>目次ページ

ファーストビューを意識しよう!

ファーストビューとは、Webサイトにアクセスした際にスクロールせずユーザーの目に入る画面の範囲(下記図参照)のことです。せっかく訪れたユーザーを他社に奪われないためにも、ファーストビューの設計には力を入れましょう。

5秒間1本勝負

ユーザーが自社のWebサイトを訪れて、「このWebサイトを見てみるか」「他に行くか」を決定するのは、約5秒と言われています。
本当にシビアな世界です。では、ユーザーは何を基準に見るか見ないかを決めるのでしょうか? ズバリ「自分の目的を達成できるか?」「興味を引く何かがあるか?」という点に絞られます。
制作側は当然すべてのコンテンツを把握していますし、愛着もあります。しかしユーザーはわかりにくければ、数秒で他のサイトに移動してしまいます。
ターゲットに定めたユーザーが欲しがる情報を、いかにファーストビューに入れていくかが勝負です。

ファーストビューで何をこだわるべきか?

ファーストビューの作り方次第で、「Webサイトを見てもらえる確率」と「コンバージョン率」には圧倒的な差が出ます。
ここでは、ファーストビューを制作する際のコツを紹介します。ファーストビューでチェックしたいポイントは、次の2つです。

お客さまの知りたい情報がわかる

Vol.13「お客さまの目的を整理しよう!」で制作した資料は、ここで役に立ちます。
ご自身がインターネットで調べものをしているときに、少し意識してみて欲しいのですが、「自分の調べたい内容がなさそうなWebサイト」だと判断した場合、すぐに別のWebサイトに移動すると思います。
自社のWebサイトを見てもらうには、最低限「お客さまの知りたい情報」がわかる必要があります。

お客さまにとってのメリットがわかる

お客さまにとってのメリットとは、主に「価格」と「品質」です。また、「注文に手間がかからない」というのも、よくあるニーズの高い要素です。
コツとしては、「少し大げさかな?」と思うぐらい画像を使って、ファーストビューに設置しましょう。

ファーストビューのまとめ

もちろん、私も一発で最高のコンバージョン率を達成するファーストビューを作成できるわけではありません。
「お客さまの知りたい情報やメリットは何か?」という問題は、実際にはかなりの難問です。
まずは、アクセス解析を利用し、トライ&エラーを繰り返してみましょう。
また、非常に大事なことですが、Webサイトは完成して公開してからがスタートです。
直帰率が高ければ「お客さまの知りたい情報が分りにくいのでは?」、コンバージョン率が低ければ「お客さまにとってメリットがないのでは?」と疑い、どんどんファーストビューを作り変えましょう。

目指せWebマスター! >>目次ページ

政令指定都市「横浜市」公式サイト

iPadなど、幅広い閲覧環境に対応

厳しいアクセシビリティ・ユーザビリティ等の基準をクリアするために様々な施策を施しました。コンテンツに最適なUIとなるよう、目的別に探せるインターフェースを中心としたページ構成、Javascriptによる動的な効果を実現し、さらにスマートフォンによるブラウザ閲覧を可能にしました。

Stance制作の考え方

アットライズがすぐにお客様の元に
かけつける理由とは

Flow制作の流れ

最短で「目的=ゴール」に
たどり着くために

Toolsツール

Webサイト制作・運営に役立つ
情報をシリーズで紹介

アットライズのオリジナルWebシステム

Contact

どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • ホームページをリニューアルしたい
  • 社内でも簡単に更新したい
  • スマートフォンでも見やすくしたい
  • ホームページからの問い合わせがない
  • 制作費を予算の範囲内で収めたい
  • ホームページのアクセスを増やしたい
  • ドメインの取得もお願いしたい
  • Twitterを効果的に活用したい
  • 動きのあるコンテンツを考えている
  • Facebookの記事を表示させたい
  • システム構築をお願いしたい
  • ホームページで商品を販売したい
  • オリジナルブログを開設したい
  • ホームページで新規顧客を開拓したい

様々なニーズに対応し、お客様に最適な「Webの使い方」をご提案いたします。

無料お見積りをする

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 045-317-5309
FAXでのお問い合わせ 045-320-6575