webmaster

このシリーズは、代表の著書「Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本」から、Webサイト制作・運営に役⽴つノウハウをシリーズで紹介しています。

Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本

目指せWebマスター! >>目次ページ

具体的なコンテンツ企画を立てるには?


「どんなコンテンツを作ろうか?」という工程は「アイデアを出す!」ということに他なりません。
本節では、Webサイトに関するアイデアやコンテンツ案の出し方を解説します。

まずは同業他社を見る

さて、実際に「Webサイトのコンテンツを考えてください」と言われたら、どうすればよいでしょうか? まずは同業他社のWebサイトを徹底的に観察することで、Webサイトのコンテンツの雰囲気や構成要素を把握することができます。

似た業種も見る

例えば花屋さんのWebサイトを作る場合には、ケーキ屋さん、ブライダル関係、アロマテラピーなどの業種も見てみましょう。お客さまのターゲットが近しい業種のアイデアを取り入れると、コンテンツ作成に役立つ要素を見つけることができます。

「アイデアを出す工程」と「アイデアを選ぶ工程」を分ける

アイデアを出すコツは、「アイデアを出す工程」と「アイデアを選ぶ工程」を分けることです。この点がプロとアマチュアで圧倒的に違う点です。
例えば、花屋さんのWebサイトのコンテンツ企画で「メールマガジンで毎日花言葉を送ろう」というアイデアが出たとします。その際に「毎日花言葉をメールマガジンで見て嬉しいだろうか…、毎日だれが花言葉のメールマガジンを書くんだ?」などと考えてしまうと、結局アイデアとして発表しないということが生じてしまいます。
この例は「アイデアを出す工程」と「アイデアを選ぶ工程」を一緒にしています。どんなに失敗しそうなアイデアでもかまわないので、とにかくアイデアの数を出してみましょう。
ある程度アイデアが出揃ったら、予算やユーザーの目的を意識しながらコンテンツを選択していきます。特にコンテンツ企画では、いかにユーザーの目的を意識するかが大事です。Web制作会社ともよく相談しましょう。

目指せWebマスター! >>目次ページ

政令指定都市「横浜市」公式サイト

iPadなど、幅広い閲覧環境に対応

厳しいアクセシビリティ・ユーザビリティ等の基準をクリアするために様々な施策を施しました。コンテンツに最適なUIとなるよう、目的別に探せるインターフェースを中心としたページ構成、Javascriptによる動的な効果を実現し、さらにスマートフォンによるブラウザ閲覧を可能にしました。

Stance制作の考え方

アットライズがすぐにお客様の元に
かけつける理由とは

Flow制作の流れ

最短で「目的=ゴール」に
たどり着くために

Toolsツール

Webサイト制作・運営に役立つ
情報をシリーズで紹介

Contact

どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • ホームページをリニューアルしたい
  • 社内でも簡単に更新したい
  • スマートフォンでも見やすくしたい
  • ホームページからの問い合わせがない
  • 制作費を予算の範囲内で収めたい
  • ホームページのアクセスを増やしたい
  • ドメインの取得もお願いしたい
  • Twitterを効果的に活用したい
  • 動きのあるコンテンツを考えている
  • Facebookの記事を表示させたい
  • システム構築をお願いしたい
  • ホームページで商品を販売したい
  • オリジナルブログを開設したい
  • ホームページで新規顧客を開拓したい

様々なニーズに対応し、お客様に最適な「Webの使い方」をご提案いたします。

無料お見積りをする

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 045-317-5309
FAXでのお問い合わせ 045-320-6575