webmaster

このシリーズは、代表の著書「Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本」から、Webサイト制作・運営に役⽴つノウハウをシリーズで紹介しています。

Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が最初に覚える100の基本

目指せWebマスター! >>目次ページ

コンテンツ企画の基本

 


Webサイトのページのことを「コンテンツ」と言います。良質のコンテンツを制作することはWebサイトの成果に直結します。インターネットのコンテンツ企画特有の押さえるべきポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください。

良質のコンテンツとは?

インターネットは明確な目的意識を持った人がWebサイトに訪れます。よいコンテンツとは、その目的を自社のサービスまたは情報で解決してあげることです。
例えば、ミネラルウォーターを買いたいとします。価格が「お問い合わせください」になっていたら「ミネラルウォーターを買う」という目的意識を持ったユーザーが欲しい価格という情報を提示していないことになります。こういった例はWebサイトではよく見かけますが、実際の店舗ではあまり見かけません。
「せっかくWebサイトがあるし、取り扱っている商品の情報だけでも出しておこう」というスタンスは失敗の原因ですので、控えてください。

コンテンツ企画の基本は「○○がわかるとユーザーは嬉しい」

コンテンツ企画の基本は、「○○がわかるとユーザーは嬉しい」という視点です。
[Vol.13]「お客さまの目的を整理しよう!」で紹介しましたが、ユーザーが喜ぶ情報という素材を基にコンテンツ案を出していきます。
例えば、司法書士のWebサイトで株式会社の設立に必要な定款の書式・サンプルを公開しているページがあります。「ユーザーが自分で定款を作成してしまったら受注につながらないのでは?」という考えもありますが、インターネットではいかに無料で有益な情報を出せるかが重要になってきています。
この例で言えば、サンプルを基に定款を作成したものの、途中で挫折したユーザーはかなりの確率でこのサンプルを公開している司法書士に依頼することが期待できます。

「インターネットならでは」のコンテンツで気を付けること

例えばカメラ屋さんのWebサイトで、お客さまが撮った写真を投稿できる「画像掲示板」サイトを作ることになったとします。このとき制作にいくら予算をかけても、写真を投稿してくれるユーザーは用意できません。ですので、「いかに画像掲示板を利用する人を集めるか?」までがコンテンツ企画になります。
「画像掲示板を作ろう」だけではコンテンツとは言えません。制作会社からの提案があった場合も「どうやってユーザーを集めるのですか?」という質問は必ずしましょう。
Webサイトのサービスは、技術的にどんなに優れていても、ある程度集客力がないとコンテンツとしての魅力がまったく伝わらないことが多いので、注意が必要です。

目指せWebマスター! >>目次ページ

政令指定都市「横浜市」公式サイト

iPadなど、幅広い閲覧環境に対応

厳しいアクセシビリティ・ユーザビリティ等の基準をクリアするために様々な施策を施しました。コンテンツに最適なUIとなるよう、目的別に探せるインターフェースを中心としたページ構成、Javascriptによる動的な効果を実現し、さらにスマートフォンによるブラウザ閲覧を可能にしました。

Stance制作の考え方

アットライズがすぐにお客様の元に
かけつける理由とは

Flow制作の流れ

最短で「目的=ゴール」に
たどり着くために

Toolsツール

Webサイト制作・運営に役立つ
情報をシリーズで紹介

Contact

どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • ホームページをリニューアルしたい
  • 社内でも簡単に更新したい
  • スマートフォンでも見やすくしたい
  • ホームページからの問い合わせがない
  • 制作費を予算の範囲内で収めたい
  • ホームページのアクセスを増やしたい
  • ドメインの取得もお願いしたい
  • Twitterを効果的に活用したい
  • 動きのあるコンテンツを考えている
  • Facebookの記事を表示させたい
  • システム構築をお願いしたい
  • ホームページで商品を販売したい
  • オリジナルブログを開設したい
  • ホームページで新規顧客を開拓したい

様々なニーズに対応し、お客様に最適な「Webの使い方」をご提案いたします。

無料お見積りをする

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ 045-317-5309
FAXでのお問い合わせ 045-320-6575